南アフリカランド投資でのスワップ収益は?

南アフリカランドへのFX投資でもらえるスワップポイントって、”どれだけ”もらえるんだろうか??

この記事では、高金利で有名な南アフリカランドのFX投資で得られるスワップ金利の計算を行い検討しています。
また、FX投資の証拠金をできるだけリスクを少なく低く設定する方法や、複利の際に考慮すべき税金の問題も取り上げます。

南アフリカランドは為替レートも低いため、比較的小さな額で投資を始めることが出来ます。ぜひ、投資の1つとして検討してみてください。

南アフリカランドの特徴

南アフリカランドへのスワップポイント投資を行うに当たっては、ランド安による資産の減少や、金利の低下による利率の悪化はありうるので、留意は必要です。
その辺りを考える材料として、南アフリカの国自体の特徴を知っておくのも良いと思います。

南アフリカの国としての特徴
  • 金やダイヤモンドなどの貴重鉱物の資源国である
  • 人口増加は引き続き増加が起こり21世紀後半に人口ボーナス期が期待できる(経済成長が期待できる)

南アフリカランドにスワップ投資する際の基本情報

南アフリカランドのスワップ投資のメリット

南アフリカランドのFX投資によるスワップ投資のメリットは以下の2点だと思います。

  1. (2018年8月時点で)南アフリカランドは政策金利6.5%と高いため、スワップポイントも高い
  2. 他の通貨と比較して、為替レートが安く、ポジションを多く保有しやすい(=スワップポイントも多くもらいやすい)

南アフリカランドのスワップポイントが高いFX会社では、1万通貨あたりの保有で1日約20円もらえます。
つまり、1年の保有で約7,300円です。

そして、為替レートが約8.5円/ランドという安さであり、1万通貨は8.5万円で購入することが可能です。
よって、年利は8.5%と良い条件だと思います。
(これは、再投資を行うことで、10年後に資産が2倍以上の19万になることに相当します。)

さらに、8.5万円を証拠金としてFX投資を行うことで、レバレッジ2倍(1万通貨を4.25万円で購入扱い)にすれば、
年利は17%とかなり良い条件となっていきます。
(これは、再投資を行うことで、10年後に資産が4倍以上の40万になることに相当します。)

そのため、南アフリカランドのスワップ投資はかなり魅力的な投資になっています。

南アフリカランドの政策金利

2009年以降は、5.5〜7.0%を推移してますが、高金利状態を維持しています。


出典元:外為ドットコム

南アフリカランドの為替チャート

南アフリカランドの約30年間の月足のチャートですが、2008年のサブプライムショック以降は6円から10円くらいの間を推移しています。
過去最安値は2016年01月の6.23円/ランドになります。


出典元:プライムチャート

南アフリカランドへのスワップ投資の見込み収益

スワップポイントに投資を検討する上で、目標利益とリスク許容度を決めることが重要です。

スワップポイント投資については、「スワップ投資のポイント」としてまとめています。

スワップポイントのFX投資を始めるのに知っておきたい2つのポイント この記事では、FX投資でスワップポイントを始める際に知っておきたいポイントを2つ紹介します。その上で、実際にスワップポイント投資...

証拠金の設定

FX会社によって異なりますが、1万通貨の購入にあたっては最低証拠金は数千円必要になります。
ただし、この通りに運用した場合、南アフリカランドの為替レートが1ドル下がった場合に、ロスカットにより損が確定し、運用を強制的に停止させられる可能性が高くなります。

スワップポイント投資は長期投資が前提となるため、ロスカットによる強制運用停止は避けたいです。
そこで、リスク許容を考える必要があります。

例えば、現状でのリスクを大きく見積もる場合は、南アフリカランドが過去最安値になることを想定して、証拠金を預けることです。

2018年8月時点での南アフリカランドの過去最安値は、2016年に記録した約6.2円になります。
そして、現在は約8.3円のため、最安値からの差は2.1円となります。

出典元:プライムチャート

つまり、仮に現在の為替レートから過去最安値までの2.1円下がっても、ロスカットされないようにするのが一つのリスク許容の考え方です。
この場合は、証拠金は1万通貨購入あたり21,000円(+必要証拠金)が必要となります。
出来れば、もう少し多めに見た方が良いので、キリの良い30,000円を証拠金とするのが良いでしょう。

利益に関しては、現状1万通貨あたり1年で7,300円となっているので、年利としては24.3%となります。

初期一括投資での見込み収益

南アフリカランドで運用した場合のスワップポイントによる資産の増加を考えて見ましょう。
ここでは、発生したスワップポイントを再投資する場合も検討してみたいと思います。

計算の前提
  • 初期投資:30,000円
  • 為替レート:8.5円で固定
  • レバレッジ:3倍(1万通貨を3万円で購入)
  • 年利:24.3%で固定(レバレッジ1倍では、年利8.1%に相当)
  • 期間:20年
  • (再投資を行う場合)再投資のタイミング:1年ごとに発生したスワップポイントを翌年初に再投資

(例えば、1年目は7,300円のスワップポイントがもらえるため、翌年年初は0.2[万通貨](=7,300/30,000×1[万通貨]を再投資可能です。)

4年目終了時には、約70,000円の資産となっています。
この時にもし仮に為替レートが8.5円から半分以下の4円になったとしても、
資産は半分以下の30,000円ですので、初期投資分は回収できることになります。
(再投資しない場合は、7年目終了時には、資産は70,000円を超えます。)

投資開始10年間の資産推移(表)

さらに投資開始20年間の資産推移を以下のグラフにしました。
スワップポイントの再投資による複利効果がかなり有効に効いてきます。
南アフリカランドのように高金利のものに対しては、再投資による複利は検討したいですね。

複利投資における税金の考慮は重要!

ただし、この計算に関して、1点注意があります。
それは、税金に対する考慮です。

現状は、FXのスワップポイントによる儲けが年間で一定以上発生した場合には、所得税・住民税・復興税などがかかってくるため、年毎のスワップ利益は約80%程度になってしまいます。
これは、複利効果を弱めることになり、長期間投資後の資産が数百万単位で大きく目減りすることになるので、避けたい事態です。

そこで、ポジション決済するまでは、スワップポイントに税金がかからないFX会社がありますので、そのルールをうまく活用するのが良いと思います。
ポジションを決済しない場合でも、発生したスワップポイントを証拠金として活用できることが可能な会社の場合、これを元手に再投資可能です。

もちろん、運用後にポジション決済を行う際には、儲け分に税金がかかってきます。

  • 再投資による複利効果を発揮させるために、ポジション決済するまではスワップポイントに税金がかからないFX会社を利用する。

南アフリカランドのスワップポイントがおすすめFX会社

南アフリカランドのスワップポイント投資に関しては、なによりもスワップポイントが高いことが重要です。
あとは、その年度に発生したスワップポイントについては、決済しない限りは課税対象外という方針があることも重要です。
また、FX会社が破綻した場合でも、証拠金+未決済スワップなどがしっかり保証される信託保全を行なっていることも重要です。

それでは、スワップポイントを比較した上で、おすすめFX会社を紹介します。

南アフリカランドのスワップポイント比較表

2018年9月現在の状況

メキシコペソのスワップポイントに関しては、トレイダーズ証券「みんなのFX」が20円と、TOPを維持している状況になります。
また、FXプライムについては17円ですが、こちらも高い水準を維持しています。

FX会社の口座開設、口座維持料は基本的には無料なので、複数の口座を開設し、各社のスワップポイントの動向に合わせて分散投資するのが良いと思います。

南アフリカランドに関する継続的なスワップポイントの比較はこちらで行っています。

トレイダーズ証券「みんなのFX」

南アフリカランドやメキシコペソなど高金利通貨のスワップポイントが高いのが魅力です。

\新規開設キャンペーン実施中!/
みんなのFX口座開設へ

FXプライムbyGMO

南アフリカランドやメキシコペソなど高金利通貨のスワップポイントが高いのが魅力です。

\新規開設キャンペーン実施中!/
FXプライム口座開設へ

まとめ

本記事では、南アフリカランドに対してFX投資をした際のスワップポイントを検討しました。

南アフリカランドに対する投資に関しては、高金利による高スワップポイント為替レートが安いというメリットがあります。
また、証拠金も1万通貨あたりに対して数万円での運用が可能です。

スワップポイント投資の手数料が小さく、税金の発生タイミングを考慮したFX会社をうまく選択したいですね。